空き家対策④(空き家発生のメカニズム)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  空き家発生の原因とはなんでしょう?以下、空き家発生のメカニズムからその原因をお話しします。

 

⓪伏線 …世帯の分離(5人世帯→3人世帯→独り暮らしのお年寄りor単身世帯

    ↓

①空き家状態 …所有者の入院または死亡

    ↓

②継続 …所有者の問題・・・相続しない

     需要者の問題・・・情報がない、需要がない

    ↓

③管理不能 …放置・空き家の発生

 

 このように空き家が発生していきます。当たり前のことですが、家が人を追い出すのではなく、人が家から出て行くので空き家になるのです。つまり、空き家の発生原因は「人」なのです。すごく当たり前のことでも、この原因を意識していないと活用方法も失敗しやすいのです。つまり「モノ」から発想すると空き家活用は失敗する可能性が高いということです。

  

 もちろん、すべてに当てはまることではないでしょうが、新たにその家を使う人が家を使って何がしたいか、その家が果たして目的に即した場所となっているのかという点を出発点にした方が、その先の家の使い方をイメージしやすいと思います。その上で、不具合を日々使うことで気づき、その限度で空き家を修理して使いやすいものに変えていくこととなります。結果として、長期で空き家を活用することにつながることになりのではないでしょうか。

 

 次回は、この空き家の活用の仕方についてお話しさせていただきます。

 

 [前のページへ]                  [次のページへ]